動画でみる馬術競技


【馬場馬術】

WEG2006 Freestyle Dressage Final

2006年にドイツのアーヘンでおこなわれたWEG(馬術競技の世界選手権)馬場馬術で、銀メダルを獲得したアンドレアス・ヘルグストランド(Andreas Helgstrand)選手(29 デンマーク)とブルー・ホース・マティネ(9歳 牝)号。


  01

金メダルの人馬
WEG馬場馬術の個人・自由演技GPで金メダルに輝いた現オリンピック・チャンピオン、アンキー・ヴァン・グルンスヴェン(Anky Van Grunsven)選手(38 オランダ)とセカンドホースのKrack C号。映像はこの人馬によるエキシビション演技。得点効率を優先させる試合とは一味違った、観客を楽しませるための派手な演技が見られる。   01

WEG2006 Dressage Grandprix Special
同じくWEG馬場馬術2006で、銅メダルのイサベル・ワース(Isabel Werth)選手とSatchmo号。Kur(自由演技)とは違い、こちらはBGMなしの規定演技。Isabelは規定演技では女王Ankyの宿命のライバとして立ちはだかっている選手   03

馬場馬術エキジビション演技
2007年3月にデンマークのスタリオンショーで披露されたAndreas Helgstrand選手とBlue Hors Matine号(世界選手権2位)のエキジビション演技。採点を気にせず客を魅せるための演技だけに楽しい。   04

ヨーロッパ馬場馬術選手権
European Dressage Championship 1999 Grandprix Kur
1999年にオランダのアーネムでおこなわれた馬場馬術のヨーロッパ選手権。選手は" Queen of the Kur"(自由演技の女王)・Anky van GrunsvenとGestion Bonfire号。のちにシドニー五輪を制するコンビ。動きのダイナミックさが見どころ。   05

【障害馬術】

アテネオリンピック 障害飛越
ニュージーランドの五輪史上初の満点通過を果たし喜ぶCashmore Grant選手とFranklins Flyte号。   06

障害馬術大会ダービー競技
La Baule 2006 Derby de la Region des Pays de la Loire
2006年にフランスのラボールで行われた障害馬術大会のダービー競技(障害飛越+固定障害など)。室内競技にはないダイナミックさが見どころ。選手はMichel HecartとThat's Life号で、この競技唯一の満点走行人馬だった。   07

障害飛越
Eurocash Grand Prix 2007
2007年2月25日、ノルウエーのVestfoldで開かれた大会のオランダ、ドイツ、イギリスなど上位 4選手のジャンプと優勝者インタビュー。   08

障害飛越の第一人者
アテネ五輪を制覇したRodrigo Pessoa選手(ブラジル)とBaloubet du Rouet号。競技場内に所狭しと並べられた障害物を華麗に飛越していきます。溢れんばかりの馬の躍動感、それを巧みに操る騎手の手綱捌きと安定した騎座。   09

ピュイッサンス競技(WHIS puissance 2006)
馬の走り高跳びともいえる」ピュイッサンス競技。通常の障害飛越と違い、高い障害を一つ飛ぶだけです。この優勝馬は7フィート3.25インチ=2.21615メートルを記録した。   10

こうして落馬する
障害、耐久などでの拒否、落馬シーン。   11

全日本障害馬術大会2006 大障害決勝
増山誠倫とトップギアI(元競走馬)、杉谷泰造(4大会連続五輪出場・北京代表)とNジョイントベンチャーによる2回走行+ジャンプオフ(プレーオフ)の模様です。全日本3年ぶり3勝目を狙う増山、連覇が懸かる日本のエース杉谷による一騎打ち。   12

全日本障害馬術大会2007 大障害選手権決勝
広田龍馬の2回目の走行+優勝インタビューの模様です。シドニーを共にした愛馬マン・オブ・ゴールドに捧げる、いろんな意味で輝かしい勝利です。   13

【総合馬術】

耐久審査
Burghley Horse Trials 2007 Cross-country
2007年にイギリスのバーグレーで行われた総合馬術大会(の耐久審査の映像です。競馬の障害競走とは比較にならないほど複雑な障害飛越が見られる。   14

世界一過酷なクロスカントリー
Badminton Horse Trials 2007 Cross-country
2007年にイギリスのバドミントンでおこなわれた総合馬術の耐久審査の映像。3日間掛けて調教審査(馬場馬術)、耐久審査(クロスカントリー)、余力審査(障害飛越)を行うが、バドミントンの耐久審査はご覧の通りの難しさを誇り、命を落とす人馬もいるため、完走するだけでも栄誉とされる日本では見られない人馬の大胆にして繊細な走行。   15

ページトップへ  馬術教本目次へ